八幡屋公園

  • 八幡屋公園
  • 大阪市中央体育館
  • 大阪プール
  • トレーニング室

八幡屋公園HISTORYPARK HISTORY

八幡屋公園の歴史~戦前~

八幡屋公園の誕生

八幡屋公園は1923(大正12)年4月1日に誕生しました。この年に開かれた「第6回極東オリンピック大会」の本会場とするため、園内に建設された「大阪市立運動場」は、日本初の50mの競泳用プールや5万人を収容可能なスタンド付きの陸上競技場、野球場、テニスコートなどを備えていました。当時としては最新鋭の大規模な総合運動公園で、以降も数多くの国内・国際試合が行われました。

おもな出来事

1923

大正12年4月1日
大阪市立運動公園開設。

1923

大正12年5月21日
第6回極東オリンピック大会開催(6日間)

八幡屋公園の歴史~戦後~

八幡屋公園の変遷

戦争により一時廃止されていた大阪市立運動場は、終戦後に「戦災復興公園計画」のもと、今度は「大阪運動場」という名称で復活することになります。1951(昭和26)年に「日米陸上競技大阪大会」の開催が決まり、またしても陸上競技の世界大会をきっかけに大改装が始まったのです。そして同年、第1種公認陸上競技場として完成し、そのわずか5日後の7月21・22日に同大会が無事開催されました。

その後、1956(昭和31)年4月に第2回国際見本市会場として使用されたのを最初に、以後は1976(昭和51)年の第12回まで、同見本市の会場として活躍することになります。この間に陸上競技場は現在の長居公園に移転し、長居陸上競技場として生まれ変わることになりました。1968(昭和43)年には噴水池や園路、広場その他の施設の整備も進められ、1972(昭和47)年には交通公園が完成。さらに2年後には運動広場や市電展示館が完成しています。

現在の八幡屋公園

1986(昭和60)年、大阪南港に大阪国際見本市新会場(インテックス大阪)が完成したのを機に、八幡屋公園にあった国際見本市の仮設展示場を撤去することとし、同時に新たな開発計画を公募。これにより選ばれた「ワイルド・ライフ・パーク」と呼ばれる21世紀型の都市公園への整備が一時話題となりましたが、1997(平成9)年の「なみはや国体」の開催決定を受けて一転。大阪プールと中央体育館の建設が認証され、みたびスポーツ施設の拡充によって公園のリニューアルが行われることになりました。

現在は銀白色のドームの中に設けられた大阪プールと、古代の円墳を連想させる丘に半地下構造で建設された中央体育館に加え、港区のスポーツセンターや大きな遊具のある芝生広場を持ち、市民の憩いの公園として親しまれています。

おもな出来事

1946

昭和21年4月
戦災復興公園計画決定

1951

昭和26年3月
戦後第一回日米陸上競技大阪大会を機に大改造開始。

1951

昭和26年7月16日
第1種公認陸上競技場として完成。

1951

昭和26年7月21~22日
日米陸上競技大阪大会開催。

1951

昭和26年8月4日
大運動場として供用開始。

1956

昭和31年4月
第2回国際見本市会場として、サブトラック及び公園予定地を使用。

1972

昭和47年4月
第10回国際見本市会場として使用。

1972

昭和47年11月16日
交通公園が完成。

1973

昭和48年
運動広場、市電展示館着工。

1974

昭和49年3月
運動広場、市電展示館完成。

1976

昭和51年4月
第12回国際見本市会場として使用。

1987

昭和62年
公共事業により公園改造整備工事に着手。

1993

平成5年
大阪プール、中央体育館の建設に着工。

1996

平成8年
大阪プール、中央体育館を竣工し公園をリニューアル。

1997

平成9年1月24日
第52回国民体育大会(なみはや国体)のメイン会場となる。

1998

平成10年11月
大阪市中央体育館にて第13回バレーボール女子世界選手権決勝戦開催。

2001

平成13年4月23日~5月6日
大阪市中央体育館、大阪プールにて第46回世界卓球選手権大会開催。

2006

平成18年11月
大阪市中央体育館にて第15回バレーボール女子世界選手権決勝戦開催。

2013

平成25年2月
大阪市中央体育館にてISU四大陸フィギュアスケート選手権開催。

出典:大阪市公園史(1)、他

表示:  |